【PR】親子2代でZ会の英語♪まずは無料の資料請求から↓
【PR】駿台は第二の母校♪無料説明会のお申込みはコチラから↓
東京大学

本郷三丁目の「洋食屋せんごく本郷店」にて

昨日は都内某所で仕事を終えた後、本郷三丁目の交差点付近のレストランで息子トムと食事しました。

今回は東大受験の時にお世話になった「芙蓉堂薬局」のビルの2階に入っている「洋食屋せんごく本郷店」に入ってみました。交差点を通るとき、その看板はいつも目にしていたものの、入口がよくわからず入店するのは今回が初めて。ビルの脇のらせん階段を上っていきます(エレベータはありません)。1970年創業とのことですので、今年でちょうど50周年!入店したのは20時半過ぎでしたが、そう広くない店内に3~4組10人強の先客があり、そのほとんどが東大生または東大関係者のようでした。そのせいか繁盛する時間帯が遅いのでしょうか。

私は人気NO.1とメニューに書いてある「ステバー&ハラミステーキ」の150gを、トムはサーロインステーキの300gをオーダーしました。「ステバーとは何ですか?」と店員さんに聞くと、「ステーキ&ハンバーグ」の略称で、細く刻んだステーキ用の赤身肉を、「つなぎ」を使わずハンバーグ状に成形したオリジナル商品とのこと。ステーキのような歯ごたえが楽しめるのが特徴とのことでした。ソースはお店おすすめの〝せんごくバター〟をチョイス。

うーん、初めて体験した「ステバー」ですが、私は残念ながら肉の臭み?が真っ先に鼻につき、「つなぎ」を使わないせいかジューシーさがなくパサパサとした食感で、これなら「いきなりステーキ」のハンバーグのほうが美味しいんじゃ?という感想でした。残念。しかし味見したトムは「普通に美味しいんじゃね?」と言っておりましたが。50代女性と20代男子大学生の味覚の違いでしょうか。しかしお値段も決してお安くはないので、もう少しターゲット層を広げてグルメなシニア世代も満足できるような味の探求をしてくれたらなと思いました。ハラミやサーロインステーキは普通に美味でした。”せんごくバター”とよく絡んで、付け合わせのポテトやコーン、もやしも普通に美味でした。コーンスープやオニオンスープも。

「お疲れ様!」の乾杯のビールは私だけ。トムは普段から水またはオレンジジュースしか頼みません^^;

大学は学期末試験の真っ最中で、来週月曜日に残り2つの単位の試験を残すのみ、と言っておりました。無事に4年に進級してくれることを願います。トムの部屋に泊まって勉強の邪魔になるのも嫌なので、食事を終えるとそのまま本郷三丁目駅で別れて、私は急いで丸の内線で東京駅へ向かいました。そしてなんとか最終の新幹線に飛び乗り名古屋へ。会っている時間は1時間もありませんでしたが、トムの元気そうな顔を見られて嬉しかったです(正月に帰省したばかりですが;)。

子供が一生懸命何かに打ち込んでいる姿を見ることは、親としては一番嬉しいことですね。

※この記事を書いたのが2020年1月25日。この日を最後に、コロナ感染拡大を受けて東京出張は一切なくなり、私は1年以上もトムのマンションを訪れる機会を逸しました。大学の授業も全てオンライン化され、トムも自宅マンションで引きこもり生活を余儀なくされるようになりました。貴重な最後の東京出張でした。

👑人気ブログランキングに参加しています♪

よろしければ下のバナーをクリックしてくださいね↓
にほんブログ村 受験ブログへ
※にほんブログ村で他の人気ブログがご覧になれます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。