【PR】親子2代でZ会の英語♪まずは無料の資料請求から↓
【PR】駿台は第二の母校♪無料説明会のお申込みはコチラから↓
2021医学部受験

受験直前の冬休みの過ごし方

今週から冬休みに突入している受験生をお持ちのご家庭も多いのではないでしょうか?今回は受験直前期の冬休みの過ごし方について効果的だった実践ポイントを、息子・娘の体験談からまとめてみました。大学・高校・中学受験生に共通して必要なポイントかと思いますので、よろしければ参考になさってください。

1.インフルエンザ対策+予防

ちょうどこの時期からインフルエンザが流行り出すので、親はウィルスとの闘いになります。どんなに栄養バランスの完璧な食事を用意して風邪をひかないようにしていても、ウイルスには勝てません。試験直前にインフルエンザに罹患してしまったら、これまでの努力が水の泡になってしまいかねません。どうかしっかりと予防してあげてください。病院では希望すれば受験生には4週間以上の間隔をおいて2回注射してくれます。免疫力をつけるため2回受けておくと、罹患した際に症状が軽くて済むかもしれません。

ご家庭では空気清浄機+加湿器をリビングと勉強部屋に設置し、空気清浄機がない場合は市販のクレベリンのスプレータイプや据え置きタイプを併用しましょう。クレベリンはその独特のにおいから子供には嫌がられますが、この際我慢してもらいましょう(笑)。加湿器が複数ない場合も、子供の居室内に洗濯物を干すなどして常に保湿を心がけましょう。子供の外出時にはマスクと手袋、帰宅時にはイソジンでうがいと手洗いを徹底させましょう。携帯型の消毒ジェルも食事前に使用するため携行させたいところです。

【広告】

知人のご家庭では子供の大学受験の直前期にその家のお父さんがインフルエンザに罹患してしまい、奥様にものすごく怒られた上に、一人だけ家の近くのビジネスホテルに1週間隔離されたそうです(笑)。奥様のピリピリ度合がわかりますね。

かくゆうウチのJK娘は、中学受験直前の冬休み明けから一切小学校に登校させず、1月いっぱいお休みさせてしまいました(汗)。良くない事とは分かっていましたが、学校でインフルエンザが大流行していて学級閉鎖が相次いでいたため、苦肉の策でした。娘が「学校に行きたい、友達に会いたい」とずっと言っていましたが許さず、夜に塾だけは行かせていて、日中に学校のお友達が心配してお見舞いに来てくれたことは、今でも私の良心の呵責です。受験がすべて終了し、小学校に登校したとたんに娘はインフルエンザに罹患して、また一週間の自宅療養となりました。心を鬼にして登校させなかったのは、結果的には正しい選択だったのかもしれません(汗)。

2.生活リズムの維持・改善 「夜型→朝型への変更」

脳の働きは目覚めてから4時間後に本格稼働を始めるといわれます。たいていの入学試験の開始が9時前後として逆算すると、朝5時には起床させるのがよいという事になります。朝5時に起床する場合、日中の集中力が最も高まる8時間睡眠を確保するには21時には就寝しなくてはならず、それまでの超夜型の生活スタイルから朝型へと生活リズムを激変させる必要があります。試験直前期は緊張や焦りのために寝付きが悪くなる傾向がありますので、なるべく冬休みの間から生活リズムを超朝型へと整えておく事を強くおすすめします。そしてその朝型の生活リズムのまま、受験本番に突入します。

3.年末年始の行事はすべてスルー

初詣の「合格祈願」以外は、すべてスルーしましょう。年賀状作成も大掃除も、親戚参りもこの年ばかりは全てスキップして構いません。肉親であれば理解してくれるはずです。じじばばから子供がもらうべきだったお年玉は、入学祝いとして4月にもらえばOKです。子供の勉強リズムを崩すことのないよう、受験に関連しない事は一切やらせないようにしましょう。この時期、息抜きなどは全く必要ありません。遊びの息抜きが必要であれば子供は勝手にこっそり適度に実践しています。むしろ勉強の追い込みこそが子供にとっての息抜き、安定剤です。年中行事につき合わせて、子供の集中力を阻害しないように注意しましょう。また初詣は合格祈願のみで、おみくじは引かないようにしましょう。凶だの小吉だのをうっかり引いてしまったら、幸先が悪くなります。入試が終わった後で、合格結果とともにお礼参りをしましょう。

4.全国/学校別模試の見直し+志望校の「過去問」に着手

これまで受けてきた各種予備校または塾の全国模試の解きなおしと、過去問の本格着手をしましょう。

ただし大学受験の赤本の入試過去問などは、センター試験が終わって各大学の二次試験直前(2月前半)までとっておきましょう。以前の記事にも書きましたが、この時の学力は最高潮のはずなので、なるべく多くの入試過去問や予備校主宰の大学別模試の過去問などをヤフオクやメルカリなどで入手・封印しておき、この時期に一気にやるようにしましょう。自信がついて本番に臨めるようになります。

まとめ

受験とは子供にとって人生に大きく影響を及ぼしうる初めての試練です。親子ともに人生に何度も経験するものでもないので、この時ばかりは家族が一丸となって子供の受験に臨む姿勢を見せることが、なにより子供のモチベーションアップにつながりますね。

プレ受験生もインフルエンザには注意して、良い生活習慣をこの冬休みに身に着けたいものですね^^

👑人気ブログランキングに参加しています♪

よろしければ下のバナーをクリックしてくださいね↓
にほんブログ村 受験ブログへ
※にほんブログ村で他の人気ブログがご覧になれます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。