役にたつツール&本

「夢を書く」ことで、どんどん夢は実現する

毎日猛暑ですね💦

今年は全国的に帰省や旅行を自主的に控える動きがある中、政府が打ち出した「Go to Travel」によりあちこちで「To to Trouble」状態が発生していることもニュースで報じられていますね。沖縄に観光客が集中して地元民が困っていたり、帰省先の実家に「他県からの帰省者は帰れ」との貼り紙が貼られたり、などなど。自粛なのか旅行&帰省なのか、政府と各自治体が発布する「お願い」が矛盾しているため翻弄されるのかもしれませんが、全国の毎日の感染者数の激増ぶりを見ていれば、自ずと一人一人がどういう行動をとるべきかは一目瞭然な気がします。

自分と家族の健康は、最後は自分で考えて守るしかありませんから・・・。

第四次情報革命がコロナで拍車がかかる

さて、そんな混沌とした今の世の中の情勢を、半年前に誰が予想できたでしょうか。コロナが世界的に蔓延して猛威をふるい、ライフスタイルもワークスタイルも変革を余儀なくされ、あらゆる既存の価値観や常識が強制的にアップデートされつつあります。

これは第三次世界大戦であり、第四次情報革命を促進する強烈なカンフル材として、あるいは人類の大きな進化の通過点として、歴史に深く刻まれる事でしょう。その渦中に、いま自分自身が生きて遭遇していることの不思議さを、日々感じています。この変化の波に乗れないと、ヤバい&勿体ないと思っています。

とはいえ今の自分にできることと言えば、先が読めない不透明感と、目に見えないウィルスの脅威に怯えつつも、コロナへの有効な予防法や治療法が確立され収束するのを待って、ひたすら身を低くして淡々と日常を送ることくらいしかありません、、、

未来に向けた自分自身の準備のために今なにか出来ないかと書店で物色していたところ、良い本に出会えました。5〜10年先の自分の理想像をできる限り具体的に書き出して、その達成に向けて今やるべきことを書き出し、実行に移すよう潜在意識に常にインプットさせるものです。

「夢を書く」ことで、どんどん夢は実現する

「夢」でなくてもいいんです。将来こういう「状態」になっていたいな、とか。逆にこういう「状態」は嫌だな、など。

そういう自分自身との対話の中から、自分に本当に必要なものとそうでないものが明確になってきます。自分の人生の価値観の「断捨離」です。それを頭の中だけで完結させるのではなく、実際に紙とペンを使って手を動かして「書く」ことが大事なのだと本書では教えています。

そういえば受験勉強の時、暗記項目は紙に何度も書いて憶えたものですよね。今は文字を書く時は100%PCを使いますが、人間が脳細胞に知識や概念を叩き込む時、紙に書くとか音読するとか、五感をフル活用する方が劇的に効率的だということですね。

この休暇を利用して一気に読了して実践してみました。ノートを一冊用意して頭に思いつくままに自分に子供のころに得意だったこと、好きだったことを書き出しました。苦もなくやった事で、周りの人から驚かれたり褒められたりしたこと。近い将来、自分と家族はどこでどんなふうに暮らしていたいか、などなど。巻末に「人生を変える36の質問ノート」という冊子が付いているので、これに答えて行けば、自ずと自分の深層心理が分かるようになってきます。普通の自己啓発本と異なり、本気で自分の人生を変えて行きたい人にオススメな書ではないかと思います。

親の生きる姿勢が子供に影響を与える

このブログを読んでくださる読者さんは、教育熱心で子煩悩で子育てに一生懸命な方が多いと思います。自分自身もそうです。でも、だからこそそういう親ほど、子供に過剰な期待をかけたり、子供が親離れした時に虚無感を感じやすくなると思っています。そうならないよう、「子供の人生は子供のもの、親の人生は親のもの」ということで、子供が関与しない自分だけの人生の羅針盤が必要だと今実感します。

親がいつまでの自分の人生を諦めす、幾つになっても目標に向かって努力・変化する姿は、子供に必ず何らかの好ましい影響を与えます。

このさき色々な変化が待ち受けていて、自分自身にとって社会的に不本意な流れが押し寄せてきても動じないために、自分の人生の目標を今一度、見つめ直してみませんか?

皆様がコロナに掛からず、お元気に過ごせますように♩

クリックで応援してください♪他のブログ集がご覧になれます。

にほんブログ村 受験ブログへ

にほんブログ村 子育てブログ 中高一貫校の子へ

にほんブログ村 教育ブログへ

にほんブログ村 教育ブログ 教育論・教育問題へ

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。