【PR】親子2代でZ会の英語♪まずは無料の資料請求から↓
【PR】駿台は第二の母校♪無料説明会のお申込みはコチラから↓
役にたつツール&本

ワーママの愚痴

仕事が立て込み、ブログを長らくお休みしてしまいました(汗)。

1月末から仕事でNYに行き、帰国後は時差ボケによる睡眠障害や仕事量の増加でストレスMAX状態でした。今も続いております。職場でもいろいろと頭痛の種が多く、悩んだり不安になったりしつつもなんとか過ごしています。このブログを読まれているお母さま達はお仕事を持っておられる方も多いのでしょうか。東大生の母親は専業主婦率が高いといわれていますが、ウチは普通の共稼ぎのサラリーマン家庭。子供二人を大学にやるには、私も働かなくては苦しいものがあります。

子供は大きくなるにつれてお金がかかりますので、仕事を辞めずに続けてきてよかったなとは思いますが、気力体力も徐々に衰え始める年代でもあるので、今後もまだまだ働かなくてはならないかと思うと、かなり憂鬱にもなります。もちろん仕事は大好きだし楽しいのですが、サラリーマンである以上はいつまでこの仕事に従事できるかもわからない訳なので。

まぁ、何かと不安になるお年頃(≒更年期)でもあるのでしょうね。歳を喰うと会社での居心地も悪くなるし、かといっておいそれとは辞められないし。

時差ボケや日頃のストレスなどで睡眠障害に陥ったりすると、更に不安になりますね。女性の私がこんな風なので、家族の生活を支えなければならない一家の大黒柱である会社のおじ様達は、もっと強いストレスに晒されているのだろうなと推察します。

出国前の成田空港で思わずこんな本を買ってしまいました(笑)転職したいわけではありませんが、タイトルの「このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む本」というキャッチに思わず惹かれて読んでみました。

モヤモヤとした不安や不満にグサリとアドバイスをくれるような内容。人生やキャリアの考え方について新たな視点を提供してくれる本でした。読み応えありで、おかげで飛行機の中では眠らずに過ごせました(現地での時差ボケを少しでも軽減するため)。著者を検索すると、なななんと以前読んで衝撃を受けた本の著者でもありました。北野唯我さん。

「天才」「秀才」「凡人」は価値を測る指標が違う、だから対立が起きる、という点ではなるほどと腹に落ちるものがありました。ストーリー仕立ての内容もそれぞれのタイプの人間の姿がイメージしやすく、自分の周囲の人間関係に当てはめて読むことで理解が深まります。

・・・というわけでかなーり散漫な内容になってしまいましたが、悩めるワーキングウーマンの愚痴にお付き合いくださり、ありがとうございました。

早く元気を取り戻して、バリバリと自分の道を邁進していきたいと思います!

👑人気ブログランキングに参加しています♪

よろしければ下のバナーをクリックしてくださいね↓
にほんブログ村 受験ブログへ
※にほんブログ村で他の人気ブログがご覧になれます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。