【PR】親子2代でZ会の英語♪まずは無料の資料請求から↓
【PR】駿台は第二の母校♪無料説明会のお申込みはコチラから↓
50代ライフスタイル

【東大生】就活の成果 〜23卒最終章〜

PVアクセスランキング にほんブログ村

息子トムからまたまたLINE通話が入りました。

就活の最終章

ついに第一志望の企業から内定が出たそうです。8個目の内定になります。

昨年から始まった就活でしたが、最初は外資系戦略コンサルタントファームに始まり、外資系投資部門→外資系M&Aコンサルファーム→日系投資部門という流れで終結しました。

えええ?結局、日系企業なの!?と聞くと、息子は年収の高さと転職市場での優位性で選んだと申しておりました・・・外資系企業は原則的にポストが空いたところに人を補充するのに対し、日系企業は新卒一括採用でお金と時間をかけて手厚く人材育成を行うため、成長も早いのだとか。なので外資へは第二新卒(転職)で十分いけると考えたそうです。・・・なるほど確かにウチも新人達にはたっぷりとお金と時間をかけて採用教育してますからね。日系企業なら同期もできて人脈も広がるし。

東大・京大生に人気の企業ランキング

ちなみに23卒東大・京大生が選ぶ「注目企業ランキング」IT メディアビジネスONLINEによれば、23年卒(トムの年代)の東大・京大生に人気の企業ランキングは以下のようになっています。

なぜかリンクが貼れないので23卒東大生のところをクローズアップしました↓

1 株式会社野村総研 ※コンサル会社

2 アクセンチュア株式会社 ※コンサル会社

3 ソニーグループ株式会社

4 PwCコンサルティング合同会社 ※コンサル会社

5 デロイトトーマツコンサルティング株式会社 ※コンサル会社

6 株式会社NTTデータ

6 マッキンゼーアンドカンパニー株式会社 ※コンサル会社

8 三菱商事株式会社

9 株式会社日立製作所

10 富士フィルム株式会社

11 アビームコンサルティング株式会社 ※コンサル会社

(中略)

19 株式会社ベイカレント・コンサルティング ※コンサル会社

19 ボストン・コンサルティング・グループ合同会社 ※コンサル会社

20 EYストラテジーアンドコンサルティング株式会社 ※コンサル会社

1位は東大・京大ともに野村総合研究所、2位以下も「アクセンチュア」「ソニーグループ」と同じ企業がランクイン。4位以下は東大・京大で回答が分かれ、東大生は「PwCコンサルティング」「デロイト トーマツ コンサルティング」「NTTデータ」を挙げたのに対し、京大生は「NTTデータ」「関西電力」「富士フイルム」など関西に基盤を置く企業に人気が集まっているそうな。東大生に人気の企業の半数が実にコンサル会社である事は、トムを見ていても頷けました。

トムも始めはコンサル会社を目指していたのでここに載っている企業の多くから内定をいただきました(M社を除く)。あの○スコンを蹴るなんて、、、ほんとにもったいない話です。特に戦略コンサル部門は、(ウチの会社もそうですが)経営陣と仕事をするので東大・京大卒の肩書きがないと仕事をしにくいらしいです。企業も億単位のコンサル料を払って社運をかけてコンサルを依頼する訳ですから当然といえば当然です。送り込まれたコンサル(大抵20代〜30代の若者)が、自分よりも学歴が劣るとなると説得力ないですからね。なので東大生はコンサル業界では引く手あまたで年収も高く人気化しやすいのです。

友人達の就活の成果

トムの仲良しのB君(○浦工大→東大院)も2位の○クセンチュアから内定が出たようです。A君(開○中高→東大工学部→東大院)は、結局ベンチャーのコンサル会社からしか内定がもらえず意気消沈しているようです。天下の開○中高一貫から現役で東大工学部に進んだのにも関わらず、ロンダ組や学部浪人生よりも成果がふるわないのは、自分からガツガツ就活しなかったためです。本当に欲しいものはなりふり構わず自分から手を伸ばして獲りに行かなくては、待っていても誰も与えてはくれません。順調に人生をすすんできた挫折を知らないエリートほど、こういう傾向の人が多いです。いつか誰かが見出してくれるとどこかでふんわり期待している。これは就活に限らず、婚活においても同じ事が言えます。人生の早い時期に挫折を経験してる子ほど雑草魂が育っていて、踏まれても踏まれても伸びていこうする「生きる力」が育まれています。なので中学受験や高校受験で第一志望が残念だったりしたら、むしろこの試練を親は内心歓迎しましょう。我が子が強くなるチャンスなのです。

日本の製造業の人気

日本のメーカーといえば30年前は飛ぶ鳥落とす勢いだったのに、今や人気はすっかり終焉気味です。ソニーや日立製作所、富士フィルムや旭化成などのビッグネームは両大学の人気ランキングに残っていますが、トヨタやパナソニック、島津製作所や富士通などは京大のトップ20には入っていても東大には入っていません。東大生はその分コンサル系に流れた感があります。日本の頭脳が日本の製造業に行かずして外資系やシンクタンクに流れてしまうのは、日本の未来の産業にとって大きな損失なのではとにわかに心配になります。

トムも、給料も安く旧態然とした体質の日本の製造業には食指が動かなかったようです。○ニーのワークショップに一度参加した事がありましたが、高度なプログラミングのワークショップだったらしく、かなりな強者達が集っていて舌を巻いたといいます。そしてここで戦うのは不利だし地味すぎると思ったようです。幼い頃からレゴにハマり図工や絵を描く事が得意でクリエイティビティが高く、数学・物理が大好物なので将来はエンジニアの父のように日本のものづくりに携わるものとばっかり思ってきましたが、予想が見事に外れました。でも子の人生なのでそれでよいと思います。でもいつまでも「雇われの身」ではなく、いつかは自分のビジネスを持ってほしいと密かに願っています。

商社マンの華麗な生活

トムは商社からも内定をもらいました。何度かOBにご飯をご馳走してもらいお話を聞くうちに、本気で商社に行こうかと思った事もありました。商社マンの生活は、それはそれは華麗で魅力的でした。若いうちから海外に出向してお手伝いさん&プール付きの豪邸に住み、女性にもモテモテなのだと。しかしながらやはり事務系の仕事であり、転職や起業のためのスキルやナレッジが身につかないと言って、最終的には○○商事や○紅の内定を辞退しました。・・・ああああ勿体無い;

そうしてようやく卒研(理系の卒論)に取り掛かりました。来春の卒業に向けて、猛ダッシュで仕上げる予定だそうです。そして東京に返り咲く!と笑。内定したオフィスは東京のど真ん中の摩天楼の一角です。たった6〜7年間前はスマホバカでやんちゃな田舎の高校生でした。人の人生って10年もあれば180度変わるものだと、子供達を見ていてつくづく思う今日この頃です。

私自身も負けていられないと、自分を奮い立たせています。

👑ブログランキングに参加しています👑
ポチッと応援よろしくお願い致します↓

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

++++++++++++++++++

断捨離 おススメ図書:

  

++++++++++++++++++

医学部・東大 受験生の親 おススメ図書:

           
👑人気ブログランキングに参加しています♪

よろしければ下のバナーをクリックしてくださいね↓
にほんブログ村 受験ブログへ
※にほんブログ村で他の人気ブログがご覧になれます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。