役にたつツール&本

自宅部屋の巨大なホワイトボード

whiteboard

息子トムがスマホ依存症を何とか克服し、ようやく勉強に集中し始めたのが高2の9月頃でした。高1の時に、学校主催のオープンキャンパスツアーがあり、先生方が関東や関西の大学に生徒達を引率してくれました。

東工大が第一志望へ

トムは東大、東工大、慶応、早稲田などを巡り、なかでも東工大に非常に興味を持ったようでした。
その後、トムは学校の進路希望調査の第一志望に「東工大」と書くようになりました。地方ではあまり認知度が高くありませんが、私からすれば、スマホ依存症のブランクがあるような人間が目指せる大学ではない事は分りました。おこがましい事この上なしです。
またトムは東京に非常に憧れていて、

「俺、東京さ行ぐだ!!」

とずっと希望していたので、
私: 「東京行くなら大学は国立オンリーね」
ウチはサラリーマン家庭だし、下にまだ金食い虫の妹JKも居るので、とても私立に行かせる余裕はない、とトムには釘を刺してありました。本人も納得していて、
トム:「国立なら東京行ってもいいんだね?」
私: 「おお行け行け!どんどん行け!(行けるものなら)行ってみなさい!
そしてもっと広い世界を見ておいで~」
などとハッパをかけておりました。 そしてトムは猛然と勉強し始めました。
自室にデカいホワイトボードを買えと言い出しました。
塾などで先生が授業に使うコレです↓↓↓
whiteboard
・・・買いましたとも。ええ。
欲しいという参考書や問題集、受けたいと言う授業や模試は全て受けさせました。😓😓😓
やっとやる気になった息子が嬉しくて、しかし半分とても不安で、とにかく大学受験に必要かつ成果に貢献しそうなものには投資を惜しみませんでした。
トムはドラマ「ガリレオ」の主人公・福山様のように、大きなホワイトボードに一心不乱に長い数式を隅から隅まで書き殴り、誰かに授業をしているかのように説明しながら難問を解きまくりました。おそらく中学受験塾で尊敬していた、「数学の神」とあがめる名物先生を脳内で模倣していたのだと思います。とてもエキセントリックな「一人授業」に見えて私もビビりましたが、後から思えば効果的だったのだと言います。
というのも、大きなホワイトボード一杯に脳内に浮かぶ数式をそのまま写し書きしながら、解法のプロセスを声に出して、架空の誰かに説明するのです。集中力・理解力が高まり、脳内の情報整理にも有効でした。
この勉強法は高3の前半まで続けました。数式以外にも漢字や歴史など、暗記項目なども書いては消してを繰り返していました。気分転換にもなったようです。
…お陰で自室のカーペットはホワイトボードマーカーの消しカスで真っ黒になりましたが、自宅で勉強に集中できないというお子様にはオススメかもしれません。↓↓↓

 

ABOUT ME
湯島Micos
東大生の息子と高校生の娘を持つワーキングマザーです。商品企画&マーケティングのお仕事をしています。子育て・教育論・受験ノウハウ・仕事観などについてブログ書いてます。どうぞよろしくお願いいたします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です